劇団東京フェスティバル公演 『無心』

f0061797_12214678.jpg

久し振りに劇団東京フェスティバルに出演します。
過去2作品に参加した作品は再演モノでしたが、
今回は初の新作に参加させていただきます。

そして来年4月には劇団の代表作『幸福な職場』で地元の北海道ツアーが決まりました。
今、勢いがある東京フェスティバルを是非ご覧下さい!

チケットのご予約はブログのコメントからも承ります。

今回の新作は沖縄を舞台にした作品です。

劇団東京フェスティバル公演
『無心』
2015年10月23日(金)~28日(水) 
【作・演出】
きたむらけんじ
【出演者】
朝倉伸二
菊池均也
---------------------------
江端英久
岩渕敏司(くろいぬパレード)
横塚真之介
米山穂香
---------------------------
長谷部優
小嶋菜月(AKB48)
---------------------------
山口良一
(劇団東京ヴォードヴィルショー)

【あらすじ】
沖縄にあるアメリカ軍施設を県内で移設する計画が持ち上がって××年
。一度は、名護市辺野古沖に決まったが、県知事が埋め立て工事の承認取り消しを行い
、住民投票が行われるなどして計画は白紙撤回される。

しかし政府は、再び沖縄県内の別の海域に基地を作る計画を進めていた。
住民たちは、建設予定地とされている海に面した浜にテントを設営して政府の動きを監視する。

そんな中・・・反対運動のメンバーが所有するサトウキビ畑に買収話が持ち上がる。
新基地の候補地になったため高額な用地買収話を持ちかけられたのだ。
反対か? 賛成か? 揺れ動くメンバーもいるなか、テント内の人間関係はそれぞれに矛盾を抱えながら絶妙なバランスで保たれていた。

ある日、反対派リーダーの娘が米兵と付き合っているらしいとの噂がテント内に広がる。
「もしかして・・・リーダーは米軍基地容認派なのか?」
メンバーたちは動揺!
さらに、浜辺を不法占拠しているという理由でテントが強制撤去の危機に!

はたして、彼らは一致団結して活動を続けられるのか?
反対運動の拠点 テント村は守られるのだろうか!?

【劇団からみなさまへ】
下北沢の舞台というパラレルワールドで展開する沖縄基地問題を題材にした人情劇。
ご観劇をキッカケにリゾート地以外の視点を持っていただき、
沖縄に関心を寄せていただけたら嬉しいです。

Wキャスト=長谷部優/小嶋菜月

10月23日(金)19:30 小嶋菜月
10月24日(土)18:00 長谷部優
10月25日(日)12:00 長谷部優
         16:00 長谷部優
10月26日(月)19:30 小嶋菜月
10月27日(火)14:00 長谷部優
         19:30 小嶋菜月
10月28日(水)14:00 小嶋菜月

【チケット】
前売り/当日共4500円(全席指定)
(*未就学児のご来場はご遠慮ください)

【場所】
下北沢 小劇場B1劇場
東京都世田谷区北沢2-8-18
北沢タウンホール地下1階
tel 03-6416-8281

宜しくお願いいたします。m(__)m



菊池均也。
[PR]

by kikuchi-kinya | 2015-09-17 12:27 | ★出演情報  

<< 劇団東京フェスティバル『無心』  『しんがり~山一證券 最後の聖戦~』 >>