舞台『幸福な職場』2017


f0061797_16000258.jpg


2014年東京下北沢、2016年北海道ツアーに久我 役で参加させていただきました舞台『幸福な職場』が、2017年…キャストも一新し加筆して新生『幸福な職場』として、本日26日から世田谷パブリックシアターで産声を上げます。

その前にゲネプロを拝見させて貰いましたが…そこには確実に幸せがつまっていました。お時間がありましたら是非パブリックシアターへ!!

f0061797_16000235.jpg


写真はゲネプロを観に来た旧キャストと、きたむら氏を囲んで。

1月26日(木)〜29日(日)
舞台『幸福な職場〜ここにはしあわせがつまっている〜』
作・演出 きたむらけんじ
出演者
安西慎太郎/松田凌
前島亜美(SUPER☆GiRLS)/谷口賢志
馬渕英里何/中嶋しゅう

劇場
世田谷パブリックシアター
世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー3F

※各公演開場は開演30分前
1月26日(木)19:00★
1月27日(金)13:00★/19:00★
1月28日(土)12:00★/16:00★
1月29日(日)12:00★/16:00
★は終演後にアフタートークあり

チケット 7,800円(全席指定・税込)

【物語】親が病気に倒れたため、急遽、会社を継ぐことになった大森泰弘(安西慎太郎)。その会社は黒板で使う“チョーク”のトップメーカーだった。慣れない経営に四苦八苦する毎日。そんなある日、養護学校の女性教師・佐々木友枝(馬渕英里何)が「来年卒業する生徒を雇ってもらえませんか?」と訪ねてくる。

養護学校の生徒とは、つまり、知的障害者。「そんな事情を持つ子を受け入れる自信がない」と断る大森。しかし、従業員の久我省一(谷口賢志)が何故か熱心に受け入れを勧めてくるので「職業体験」として期間限定で受け入れることを渋々と承諾し、知的障害を持つ少女、吉岡聡美(前島亜美)が工場にやってくる。

「うちの会社にそんな余裕は無いはずだ!」と従業員・原田亮輔(松田凌)は反発するのだが…その原田に聡美はほのかな想いを寄せ始める。聡美のために、簡単な作業を任せるのだが、仕事覚えの遅い聡美に、とうとうイラだちを隠せなくなる大森。

その様子を観ていた徳凛寺の住職(中嶋しゅう)は、大森に対して「人間の幸せ」とは何か?働くこと、働かせることの真理を語る。この説法をキッカケに大森は、ささやかな奇跡を呼び寄せることになる・・。

ありふれた職場に生まれた小さな「奇跡」と「幸福」。どこの職場でも起こりうる、ささやかな人間ドラマをお届けします。
[PR]

by kikuchi-kinya | 2017-01-26 15:58  

<< 『Apeace LIVE 20... ‪『東京タラレバ娘』2話‬ >>