芝居仲間 福島三郎


f0061797_01235624.jpg

11月に参加する横浜夢座『赤い靴の少女〜母かよの物語』の脚色、演出の福島三郎が主宰し作・演出する、丸福ボンバーズ 第11回本公演 「さいごのなみだ 〜星影楼にまつわる噺 その弍〜」 in APOCシアターを観劇。


久々のAPOCシアターはやはり落ち着きます。三郎を含めオーナーさんや役者仲間が迎い入れてくれて俺のハゲ談義(笑)…でも嬉しい事に評判がいいんですよ。


お芝居は温かくも切実で前向きな…三郎らしい物語でした。劇団員の若手が成長しててニコニコで観劇。興味がある方は本日25が千秋楽です。飛び込んでみ(観)ては?


チケット価格は嬉しい

前売り2900円 当日3400円。


丸福ボンバーズのサイトはこちら



APOCシアターは一階がカフェになっててアルコールや豊富なソフトドリンク、そして美味しい料理が自慢なんですよ。俺が保証します。


カレーやプレートは絶品です。

カフェメニューやアスセスはこちらから



[PR]

by kikuchi-kinya | 2018-09-25 01:23  

<< 恋しいみたいよ。 焼きそば >>